※写真はクリックで拡大します
資料館前景
資料館前景
入り口の看板
入り口の看板
室内の様子
室内の様子

 

卒業生の芸術家が作成した女性像

女子生徒の制服

女学校の仮校舎のころの学校の看板

旧校舎の写真などとても貴重な資料が展示されています。
     

屏風は、
八尾高等女学校開校式に寄せられた祝辞等々を後年に残す為に屏風に表装されたのだが、
それが83年ぶりに高校の倉庫から発見された。

この屏風は、太平洋戦争も乗り越えてきた。
資料館でも最高級の資料。
ホームぺージ管理
23年度資料館行事の予定(好評のうちに終了いたしました
※それぞれ、会場時間:PM13:00、開演:PM13:30となります。

日時 内容 担当(講師)
平成23年2月19日(土)(終了) 山本高校OB
ブラスバンド演奏
吹奏楽部OB会
平成23年4月3日(日)(終了) お笑い名人会
玉串川の満開の桜と、お笑いのコラボ
 
平成23年6月11日(土)(終了) 歌声喫茶 第3弾 神代満夫(高校13回生)
平成24年1月28日(土)(終了) OB演奏の競演 チェロとバンドの競演 ともに同窓生
ホームぺージ管理

平成24年1月28日八尾プリズム・レセプションホールで、同窓会資料館開館記念イベントのラストを飾る、「ちょっと欲張りな演奏会」を開催しました。
当日は、会場一杯の150名を越えるご来場を頂き、大変盛り上がる演奏会となりました。



PageTop




高校33回生の早川さんの司会で、ブラスバンドOB・OGの皆さん方の素晴らしい演奏をかわきりに、
15回生の小部修さんのサックス・尺八の演奏と軽妙なお話に場内は活況となりました。
最後は、元大阪フィルハーモニー交響楽団に所属しておられた、
16回生で八尾市教育委員でもある安藤さんと奥さんが、チェロとピアノの演奏で、最高に盛り上げてくださいました。

ご来場の皆さん方は、本格的なクラシック音楽に酔いしれておられました。
入場口横には、一昨年80年ぶりに発見されました山本高等学校の前身である
八尾高等女学校の落成式に寄せられました各祝辞を表装した屏風をご披露し、
昨年12月に45年ぶりに復興しました藤棚の写真を掲載し、皆さん方にご覧頂きました。
これで一連のイベントを総て終了いたしました。

事務局では、水曜日を除く、ウイークデーには、同窓会資料館を開館いたしておりますので、
お気軽に事務局にお電話で申し込んでください。(会長)

事務局電話番号 072-997-5399でございます。
ホームぺージ管理
平成23年2月19日(土)午後一時半から、同窓会記念会館で、平成23年最初のイベントが開かれまし た。


PageTop





今回は、前回も大好評だったブラスバンドのOB・OGの皆さん方による演奏会が行われ ました。
日ごろの練習の成果を発揮していただき、見事な演奏で集まっていただきました。
集まっていただきました皆さん方と共に楽しい一時を過ごしてくださいました。
ホームぺージ管理
PageTop

平成23年4月3日 同窓会記念会館で、恒例のイベントが行われました。

今年は少し遅い桜の開花でしたが、なんとかこの日に間に合いました。
今回は「お笑い名人会」と銘打って、プロとアマの名人に集まっていただきました。
会場は超満員となりました。
同窓生のほかに、近隣の方々にも参加していただきました。


PageTop
よくテレビに出ておられるシンクタンクさん

PageTop
以前にも一度来て頂いたアマチュアのブッタ・アーチとミスター・トリックさん。
どちらもサラリーマンです。


PageTop
これも名人アマチュアの関大亭乱坊さん

PageTop
信金亭八光さん。


PageTop
トリはサラリーマンから落語家にらなった桂三金さんです。
この方、桂三枝師匠の直弟子です。

PageTop
司会は名人ブッタ・アーチさんです。


みなさんお忙しいところご出演いただきましてありがとうございました。
ホームぺージ管理
PageTop

前同窓会副会長で、初代資料館館長の故森田桂司先輩のご遺族から「同窓会のために使ってください」と多額のご寄付を頂戴した。

その一部を活用させていただいて、歴代会長と歴代資料館館長を表すボードを製作し、この度取り付けを完了した。
写真のようなデザインである。
ホームぺージ管理
「82年ぶりに発見された記念屏風」

PageTop

われ等の母校大阪府立山本高校の前身である大阪府立八尾高等女学校は、
昭和2年開校し、昭和4年に現在の場所に新校舎が建った。その落成式にあたって、各関係者や名士の方々が祝辞を述べられている。
それを大切に保管し、後世に残したいと考えられたのは初代校長竹原啓吉氏である。
写真のような「記念屏風」に表装されたのである。
その屏風がこの度、実に82年の歳月を経て高校の倉庫から発見された。
大きな袋に保管され別注の大きな木箱の中で大事にされていたのでほとんどの痛みはなかったのは幸いであった。
この屏風は、太平洋戦争を生き残り、今回陽の目を見ることになった。
今後少しの痛みを修理して、同窓会資料館に展示することにする。
ホームぺージ管理
当日は、54名のOB及び関係者の皆さんがご来場いただきました。


資料館のオープニングのテープカット






オープニングイベントで、高校19回生の松田忠信さんに、演奏をいただきました。


リクエストでの即興演奏で、「高校三年生」です。



最後に、校歌合唱をさせていただき、無事終了いたしました。

ホームぺージ管理
これより以前の記事については、旧サイトの同窓会資料館ニュースをご覧ください。
ホームぺージ管理